看護師の転職に成功する秘訣

私が看護師への転職を決意した理由

私が、30才を目前に、看護師に転職しようと決意したのには、理由があります。

 

これからの人生を共に歩いていこうと思っていた相手が癌になり、闘病生活の末、亡くなってしまったのです。

 

それまで、事務系の仕事しかした事がなかった私にとって、闘病生活を支え、見守って下さった看護師さんの仕事は、衝撃的なものでした。

 

彼はいつも私が看護師だったらずっと一緒にいれるのにと口癖のように言っていました。

 

だからというわけではありませんが、彼が亡くなって、ぽっかりあいた心の中を、看護師に転職するという目標を持つことで、埋めたかったのかもしれません。

 

そして、色々な問題を解決させ、学校に通い、無事看護師となれたのは、それから3年の月日を要しました。

 

看護師への転職も、総合病院、個人病院と色々と選択肢がありました。

 

私は、個人病院への看護師としての転職に、興味を持ちました。

 

なぜかというと、総合病院は、新卒の看護師が多く、私のように、30才を過ぎてから、学校に行って看護師に転職した新人の私が肩を並べることが出来るのは、自信がありませんでした。

 

個人病院の看護師求人を見ると、何件かありました。

 

内科、婦人科、整形外科と、やはり個人病院は、どうしても専門の科だけになります。

 

けれども、外来だけの診察になるので、夜勤もなく、3交代をする必要がないので、初めての現場なら、ちょうどいいと思え、個人病院の看護師求人に応募しました。

 

他にもこの求人に応募した看護師転職希望者は数名いましたが、私は、無事採用となりました。

 

私は看護師への転職の第一歩を踏み出すことになりました。

TOPICS

春は何かと出費の多い時期ですね。そんな時に頼りになるのが、消費者金融などのカードローンです。かつてはマイナスのイメージもあった消費者金融ですが、法改正以降は金利もだいぶ低くなり、大手のほとんどは銀行出資により運営されていますので、安心して借り入れが出来ます。初めての方は、まずは安心できる大手の消費者金融を利用してみてはいかがでしょうか?